メニュー

アフターピル

アフターピル/モーニングピル (緊急避妊ピル)

当クリニックで処方します。

*避妊に失敗した (コンドームが破れた。)
*気付けば危険日
*性交後、72時間以内


焦りますよね

次の生理が来るまで妊娠の不安を抱きますよね。

少しでも安心するために今できることをやってみませんか?


診察時間内ならば予約無しで、診察処方できます。
72時間以内に薬を飲む事で避妊の効果が上がります。
ただし、100%予防できるとは限りません。
薬を飲んで、3週間以内に出血を確認してください。
出血が無い場合や付く程度の出血の場合は、妊娠の可能性があります。

妊娠検査薬で妊娠の有無を確認してください。
出血を認めるまでは性交を控えてください。

どうしても性交する場合は、必ず避妊方法をとるようにしてください。


当クリニックで処方する薬はレボノルゲストレル法になります。

他にヤッペ法と呼ばれる方法があります。

この違いは、

 

レボノルゲストレル法

ヤッペ法

タイムリミット

72時間以内に内服

性交後、早く内服した方が効果は高い

72時間以内に内服開始

性交後、早く内服した方が効果は高い

内服回数

1回 (1回1錠)

2回 (1回2錠を2回)

2錠内服し、12時間後に再度2錠内服

ホルモン製剤

黄体ホルモン

卵胞ホルモンと黄体ホルモン

副作用

吐気・頭痛 10%以下

吐気(50%)嘔吐(14%)

非妊娠率

98.9(%)

96.8(%)

妊娠阻止率

85(%)

57(%)

     

☆非妊娠率:生理周期に関係なく内服したときに妊娠しなかった割合。

☆妊娠阻止率:生理周期から妊娠の可能性がある時期に内服して妊娠に至らなかった割合。

当クリニックでは、妊娠阻止率が高く、副作用の少ないレボノルゲストレル法のみになります。

レボノルゲストレル錠1.5㎎1錠を内服となります。


以下の場合は、医師にご相談ください。

※薬を飲んでから2時間以内に吐いた。

※今後は避妊ピルを考えている。

※この薬の成分で過去に過敏症を起こしたことがある方。

※肝臓に障害のある方。

※心臓に病気がある方。

※腎臓に病気がある方。

 

アフターピル/モーニングピルは緊急避妊ピルです。

性感染症の予防はできません。心配な場合は問診時にご相談してください。

 

当クリニックの流れ

#1:当クリニックへ来院。予約がなくてもご相談可能ですのでご連絡ください。

   受付へ声かけて、問診と同意書の記載を行います。

(Web問診の場合はQRコードお伝えします。)

#2:問診終了後、血圧測定を行ってください。

#3:医師による診察を行います。現在の状況を確認します

#4:スタッフより、注意事項や副作用について説明いたします。

#5:会計し、ピルをお渡しします。

 

注意事項

*ピル内服後、2時間は吐かない様に気を付けてください。

   内服した日と翌日は水分を1500ml目標に飲んでください。

*3週間以内に生理位の出血の有無を確認してください

   生理がない場合は、妊娠の可能性があります。

   妊娠検査薬で妊娠の有無を確認してください。

*授乳中の方は、内服後24時間は授乳を避けてください。



▲ ページのトップに戻る

Close

HOME