メニュー

乳がん検診

乳がん検診って何歳から受けるの⁈

日本人が乳がんにかかる確率は年々上昇していて、現在では全女性の9人に1人が乳がんになると言われています。

毎年新しく乳がんと診断される患者様は約10万人、他の臓器のがんと比べ、乳がんが最多です。

 

 

また、40歳以上で顕著に乳がんの発症人数が増加します。症状がなくても少なくとも40歳を超えたら、乳がん検診を是非受診してください🍀

20代~30代の若年層の乳がんも増えてきていますので、早いうちから積極的に乳がん検診をする意義は十分あります✨

                               国立がん研究センターがん情報サービスの2019年度のデータより引用

がんは早期に診断されれば、治療方法の選択肢も多く、良好な治療成績を得られる可能性が高くなります❣ 自覚症状がなくても検診を受ける事、普段から自分の乳房を意識する生活習慣(ブレストアウェアネス)を身につける事、そして変化に気づいたらすぐに専門の医療機関を受診する事が大切です。こんな変化に気づいたら乳腺外来を受診してください‼︎

 

検査方法

乳がん検診で用いる検査方法には主に、マンモグラフィー検査(乳房レントゲン検査)と超音波検査があります。

マンモグラフィー検査

2枚の板の間に乳房を挟んで圧迫し、乳房を薄く伸ばして撮影します。乳腺の重なりを少なくするための手法ですが、圧迫が痛いと感じることがあります。

当院では、圧迫時の痛みを低減する通称"なごむね"を搭載したマンモグラフィー装置「AMULET Innovality」を採用しています。

撮影を違う角度から2回撮影することを2⃣方向撮影といいます。1️⃣方向撮影に比べて2⃣方向撮影の方が検出力は向上します。マンモグラフィー検査は乳がんの検出方法としてエビデンスが認められた方法ですが、乳腺組織の密度が高い(=高濃度乳房)の場合は、病変が存在していても見つかりにくいことがあります。

【超音波検査】

しこりの性状や大きさ、わきの下など周囲のリンパ節への転移の有無を調べます。マンモグラフィで高濃度乳房とされる場合では、超音波検査の方が乳がんの発見に役立つことがあります。レントゲンによる被ばくの心配がないため、妊娠中でも検査が可能です。

 

 

年代別オススメの検査法

【20代】基本的には検診の必要はありませんが、ご家族に乳がんの方がいる場合などリスクがある方は検診を受けることをオススメします。

乳房超音波検査 5,500円

 

【30代】乳腺密度が濃い方多いので超音波による検診をオススメします。特に35歳からは乳がんにかかる方が増えてきますのでマンモグラフィーの併用をオススメします。

ピンクリボンコース 11,000円

 

【40代】日本人女性の乳がんにかかる年代の最初のピークは40代です。しかしまだ乳腺密度が濃い年代でもあるので、マンモグラフィーと超音波検査を組み合わせた検診をオススメします。マンモグラフィー検査は横浜市がん検診の助成の対象です🎵

 

【50代】50代も乳がん発症の多い年代です。マンモグラフィーと超音波検査を組み合わせた検診をオススメします。マンモグラフィー検査は横浜市がん検診の助成の対象です🎵

 

【60代】60代以降は乳腺組織がだんだん脂肪に置き換わっていくためマンモグラフィーで異常が見つかりやすくなります。圧迫による痛みも軽減されてきます。マンモグラフィーによる検診をオススメします。マンモグラフィー検査は横浜市がん検診の助成の対象です🎵

 

 

横浜市がん検診の助成内容

満40歳 

自己負担額:無料(クーポン持参必須)でマンモグラフィー検査2方向検査+医師による視触診検査

41歳~49歳 

自己負担額:680円でマンモグラフィー2⃣方向検査(自己負担額1370円で医師による視触診検査追加)2年に1回助成が適応されます

50歳~  

自己負担額:680円でマンモグラフィー1️⃣方向検査(自己負担額1370円で医師による視触診検査追加)2年に1回助成が適応されます 

※2⃣方向検査ご希望の場合は自費で追加の1方向撮影分をお支払いいただく必要があります

横浜市乳がん検診ご利用者様限定価格!!

マンモグラフィ1方向追加 3,960円

《50歳以上の方》乳腺エコー追加 4,950円

《50歳以上の方》マンモグラフィ1方向追加+乳房超音波検査 7,700円

 

‼︎豊胸している方でも乳がん検診が受けられます‼︎

※シリコンインプラントを挿入されている方は破損の恐れがあるためマンモグラフィはご遠慮頂きます。

乳房超音波検査 5,500円

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME